Google AdWordsに登録して、広告設定をしてから約2ヶ月が経ちました。 広告の効果はというと…残念なことにありません。 今までに配信された広告数は1万を超えたのですが、クリック回数は3回のみ。 その3回のクリックがあっても問い合わせなどのアクションがありません。 希望としては、1日あたり2回程度(1ヶ月で約60回)のクリックがあって、その中から問い合わせにつながるのが1割でもあれば御の字なのですが、なかなか巧くいかない。
そんな中、先日、テレビ東京系で放送された「カンブリア宮殿」で、ゲストがGoogle日本法人の社長だったこともありAdWordsの話も取り上げられていた。 それによると、キーワード毎に単価を設定できるモードがあって、最上位に来ると右サイドではなくて検索窓のすぐ下に広告が表示されることが判った。 しかも、そのモードをお年寄りの方が使いこなしているという話が放送されていた。
そこで、後戻りは出来ないのですが「初心者モード」から「標準モード」へ変更してみました。 標準モードだと、キーワード毎に上限単価が設定できるなど、かなり自由な設定が出来るようになっていることが判ったのですが… ウェブの画面が難解で良く判らない。 IT関連に強いはずなのに、普通のお年寄りに負けるなんてあってはならないのだ!と調べてみたら、AdWords Editorというクライアントソフトが用意されていて、ウェブサイトにアクセスしなくても各種変更や情報の閲覧が出来ることが判りました。
そこで、数日かけて色々いじってみて、感触を掴んだところで広告の内容とキーワードを新規追加して、単価設定などをしてみました。 そうすると、何と!自分の広告が検索窓のすぐ下に表示されるようになったではないですか! これは、使いこなせば強力な広告ツールになりそうで楽しみになってきました。 何と言ってもウェブサイトにアクセスしなくてもAdWordsに関することが全て出来るクライアントが無料で用意されているなんて、知らなかったので嬉しい驚きでした。
取り敢えず、広告の出方が変わったので様子を見てみたいと思っています。 もし、事業拡大することがあっても簡単に広告を追加できるので便利だし、もっともっと使いこなしていきたいと思っています。