以前から、Facebook上で流行するのが所謂「診断アプリ」だったりします。が、誕生日やメルアド・友達一覧を他人から見えなくしていながら「診断アプリ」を利用する人が後を絶たないようなので、「診断アプリ」を使うとどのようなことが起こるのか実験するアプリ「個人情報ぶっこ抜き体験アプリ」を作ってみました。その結果を画面キャプチャでまとめてみましたので御覧下さい。
まず、多くのサイト上で推奨されていたりしているように「誕生日」「メルアド」「友達一覧」を非公開にします。
その結果を自分で見るとこんな感じ。

次に、友達が見るとこんな感じ。


隠した情報は自分からは見えるけど、友達からは見えない(と言う事は、それ以外の人からも見えない)事が確認出来ました。で、「個人情報ぶっこ抜き体験アプリ」を実行してみます。ここで要求される権限は一般的な診断アプリと同じにしてあります。

許諾すると、ゾロゾロと実行結果が…

隠していたはずの「誕生日」や「メルアド」「友達一覧」が抜かれていることが確認出来ると思います。これが、悪意のあるアプリの場合、抜いた情報をデータベース化するだけで「個人情報データベース」が出来上がるわけです。それを、売り飛ばせば、それなりのお金になることは想像に難くありません。
どうでしたか?
隠しているハズの情報がアプリに抜かれてしまう。それどころか、他へ転売される可能性があるとしたら。これほど怖いことはないでしょう。一生懸命調べて、見えないようにした情報が一瞬にして抜かれてしまうのですから。しかも、この後に他に人から指摘されてアプリを削除しても後の祭りというわけです。既に抜かれているわけですから。
この「個人情報ぶっこ抜き体験アプリ」は実演が可能です。セミナー講師に呼んで頂ければ実演致します。そうすることで、画面キャプチャだけでは想像出来ない恐ろしさが判って頂けると考えています。