ウェブサイトをお持ちの事業者にとってSEO(検索エンジン最適化)は何をすれば良いのか大変気になるところだと思います。そこを狙ったかのように様々なSEO業者が営業活動を行い、様々な情報商材がSEOを取り上げています。でも、そのどれもが誤ったSEOを行っていたとしたら?

SEOに関してはGoogleが公式にアナウンスしていますので、それ以上のことを行った場合には「ペナルティを受ける」というリスクを考慮する必要があります。で、実はSEO業者の中には「ペナルティを受ける」ような検索エンジン対策を行っているような業者も少なくありませんし、情報商材に至っては「確実にペナルティを受ける」ような情報を指南しているものも少なくありません。そのリスクに気が付かずに、それらの対策を信じたら…

Googleの公式アナウンスの要旨としては以下の通りです。

  • 更新をまめに行うこと
  • 閲覧者の為になるような情報を発信すること

要するに、ウェブサイトを作ったら放置しちゃう人達が多いけど、そういうサイトは検索結果から落としていきますよ。SEOばかり気にして中身のないサイトを作る例が見られるけど、そういうサイトは検索結果から落としていきますよ。そういう事なんですね。まぁ、日本語版については「閲覧者の為になるような情報発信」という部分の解析が難しいのか、検索結果としてクズばかり出てくる例もあるのですが、そこら辺も追々修正されていくことでしょう。

SEOに必要なのはたったコレだけなのですよ。まぁ、弊社はコレに少量のエッセンス(独自ノウハウ)を入れているんですけどね。基本的には、Googleさんの公式アナウンスに従っています。なので、絶対にペナルティを受けることはありませんし、ビッグキーワードでもそこそこの順位を確保できています。

SEO業者を信じて、情報商材を信じて、自作自演サイトを大量に配置して被リンクを稼いでいる事業者さんもありますが、基本的に自作自演サイトはペナルティの対象になりますので、非常に危ない綱を渡っているという状況だと言うことを肝に銘じておいた方が宜しいかと思います。そして、独自ドメインで運用されているサイトさんの場合は、ペナルティを受けると、そのドメインを放棄せざるを得ない状況に追い込まれることも頭の片隅に置いておいた方が良いでしょう。

せっかく、Googleさんが公式に「SEOはコレをすべき」とアナウンスしているのですから、それを信じて実行することが重要だと思いますし、高額な費用を投下してリスクを抱えることはないと思うのです。