iPhoneアプリのInstagramで撮影した写真に、撮影者が意図せずに位置情報が付加されることが判明致しましたので、ここで報告したいと思います。 これは、アプリをインストール後に一度も位置情報を付けたことがなければ発生しない事象のようですが、一度でも位置情報を付けたことがある場合には必ず発生する事象のようです。 なので、一度でも位置情報を付けた場合には注意が必要です。 なお、Instagramそのものから位置情報が流出するという話ではなく、カメラロールに入っているInstagramを使って撮影した写真を二次利用する際に問題になります。
まずはInstagramを使って撮影します。

適当にコメントを付けますが、位置情報を付加していないことを確認し投稿します。

確かに投稿されました。

が、カメラロールにて「撮影地」で見ると、何故か先ほどの画像が出てきます。 ここには、本来、位置情報が付加された写真のみが出てくるはずなのですが…

そこで、Instagramのウェブサイトから該当の写真を閲覧してみます。 位置情報は確かに付いていないように見えますねぇ。

問題の写真をパソコンに取り込んで、Exif情報が閲覧できるソフトで見てみますと… しっかり位置情報が付いています。 緯度・経度の他に高度まで付いていました。

撮影者本人は「位置情報が付加しないことを確認」しているのにも関わらず、何故か勝手に「位置情報が付加されて」いるんですよね。 撮影者本人は位置情報が付加されていないと思い込んでいるので、この写真を二次利用すると撮影者本人の意図に反して「位置情報が流出」してしまうんですよ。
これって、拙くないですかね?
Instagramを利用されている方は、その写真の二次利用については避けた方が良いでしょう。 例えば、自宅で撮った写真を二次利用してしまったら、意図に反して自宅の位置を公開してしまうことになるのですから。 ちなみに「設定」アプリから位置情報を利用できなくすれば、このような事態にはなりません。 多少の不便を覚悟するなら「設定」アプリにて位置情報を利用できなくしましょう。
Instagram公開元には、位置情報に関する厳格な管理を求めたいところです。